うつ病の症状を改善する意外な方法があります|悩まないで相談を

女性

意外な治療法

レディー

うつ病の改善策として自転車が注目されているようです。自転車にはうつ病の症状を和らげる効果がいくつもあるようですが、それはいったいどのようなものなのでしょう。一つ目の理由は、陽の光を浴びることができるというものです。うつ病に対して効果的なのは日光を浴びることであるとされています。これには科学的な根拠があります。日光を浴びることでセロトニンという物質が多く分泌されることになるのですが、これがうつ病の症状の一つである抑うつ感に対して効果を発揮するのです。また、セロトニンと同様にビタミンDも日光により得られるとされています。ビタミンDもうつ病の症状に対して効果的であるため、これらを得られる日光を効果的に浴びられる自転車が良いとされているのです。二つ目の理由は、血行の良好化です。自転車に乗ることは運動の効果をもたらします。しかも、ある程度制限した速度であれば身体への負担が少ない有酸素運動となります。有酸素運動をすることで心拍数が上がり、血流の流れが良くなります。その結果、体温を上げることができます。体温の上昇は免疫力の上昇に繋がり、うつ病だけでなく様々な症状に対して高い自然治癒能力を発揮するのです。

また、単調な運動によるフロー状態への移行も、自転車がうつ病に対して効果的であるとされている理由です。自転車を漕ぐということは、下半身の回転という同じ動作を延々と繰り返すことです。うつ病にかかっている間は、気持ちをいたずらに落ち込ませるための様々な良くない考えが頭をよぎります。それを回避するにはフロー状態と言われる一つのことに熱中する状態を作り上げることが有効とされているのですが、自転車を漕ぐということは正にフロー状態を作り出すことにピッタリなのです。

自転車の運転にはバランス感覚が必要です。常に平行なバランスを保つことは、三半規管の働きと大いに関わっています。三半規管が常に刺激されていれば、それだけ人間の中の動物的感覚が働くことになります。うつ病により起こる症状である雑念の発生を、この活動により抑制することができるのです。また、これらの要素が組み合わさると脳内麻薬が分泌され、気分の高揚に繋がります。うつ病の大きな症状である抑うつ状態を脳内麻薬により回避できるのです。自転車に乗るという行為は、意外にもうつ病に対して非常に有効なのです。