うつ病の症状を改善する意外な方法があります|悩まないで相談を

女性

改善に向かって

男の人

うつ病の症状として挙げられるのは、気分の沈み込みです。うつ病が進行する初期の段階では気分の浮き沈みが見られます。それが続いていくと気分の落ち込みの度合いが大きくなります。浅い落ち込みから深い落ち込みへと気分が移り変わり、重症の場合は深い気分の落ち込みから様々な症状が発症するのです。この流れについては人によって異なることがあり、様々なパターンがあることが分かります。では、その気分の変化は具体的にどういった症状を伴うのでしょう。うつ病の初期状態時は、こころが不安定になることが多いです。ちょっとしたことで怒りっぽくなったり、不安を感じたりします。この時点では、自分で症状を自覚していることはあまりありません。あくまで日常生活の範囲内の出来事と捉えてしまいます。そこから急進期と呼ばれる重症期の手前の状態まで進んでしまうと、徐々に自覚症状が出てくるようになります。楽しいことに対しても興味を持てなくなってしまったり、不安から不眠症になったり、食べ物を美味しいと感じなかったりします。これらの症状を自覚し、自分がうつ病であることが発覚する場合もあります。さらに症状が進むと、重症期と呼ばれる期間に入ります。この時期には生活リズムが完全に壊れていたり、この世からいなくなることを望んでしまったりします。このような流れで徐々に症状はあらわれていくのです。

うつ病が回復に向かうパターンについて確認しましょう。お伝えした様々な症状が改善したり元に戻ったりしながら徐々に回復に向かっていきます。焦りや不安が徐々に取り除かれたり、重症期には感じられなかった気力が徐々に湧いてきたりします。回復には様々なサインがあり、そのサインを見逃さない周囲のサポートも完全な回復には欠かせません。では、回復に要する時間はどの程度なのでしょう。調査の結果、およそ半数が一年間で回復するという結果が出ているようです。やはりある程度の時間がかかる症状であると言えます。これらの症状や改善のサインを知っておくことが、将来的な回復に役立ちます。回復には周囲の方のサポートも必要になります。

また、うつ病の再発のサインというものも存在します。回復した方のおよそ半数は一年以内に再発するという調査結果も出ています。また、再発を繰り返すと、それだけ再発の確率が上がるということも言われています。