うつ病の症状を改善する意外な方法があります|悩まないで相談を

女性

仕事とうつ

医者

うつ病の原因を思い返してみると、それは仕事によるストレスだったと感じることもあるかも知れません。近年繰り返されるうつ病の症状と特に関係の深いものは仕事とされていますが、そこには内訳が存在します。例えば昇進や降格などの状況変化や、新しいシステムの導入によるトラブル、また、組織の再編というものが挙げられます。うつ病が起きやすい環境として、クレーム処理などの精神的負荷が掛かる現場というものがあります。しかしそれ以外でも、職場の人間関係により症状が起こるパターンもあります。一方、人間関係が希薄な職場においてもうつ病が発症する場合があるとされています。IT系の職業などにその傾向は見られており、良い人間関係の構築が上手くいかないという状況があるようです。このように、うつ病は様々な職場において発症する可能性があるのです。かつての日本で見られた家族的な職場での人間関係が合理化により徐々に失われていることからこのような問題が起きているとの見方もあります。

うつ病が発症した場合、現在の仕事を続けることは可能なのでしょうか。いくつかの観点から確認してみましょう。まずはストレス耐性の観点です。うつ病はストレス耐性を急激に低下させます。そうなると仕事を続けることが困難となります。次に、実務能力の問題があります。様々な症状があるうつ病ですが、その中に実務能力の低下があります。物事の切り分けや課題解決能力が低下し、結果的に仕事の効率が下がります。その症状が極端になると会社として大きな問題へと発展する可能性があります。そうなる前に休息を取ることが必要であると言えます。これらの問題から失職への不安へと繋がり、周囲に打ち明けられないという症状が起きてしまうかも知れません。そうなるといずれ周囲の方が気付いて受診を促されるかも知れません。受診を促されればまだ救いはありますが、そうでない状況もあるかも知れません。様々な観点から見て、うつ病の状態で仕事を続けることは困難であると言えるため、会社へ申告のうえクリニックの診察を受けるようにした方が良いでしょう。

うつ病により休職をした場合、復帰することは可能なのでしょうか。それにはご自身の回復度合いと会社のサポートの双方が重要となります。回復が完全でなければ、復帰してもうつ病が再発してしまう可能性があります。休職前と同じような状況の場合、結局同じ問題に直面してしまうというわけです。それを回避するには本人が完全に回復していることが必要ですが、復職者をサポートする会社側の取り組みも必要となってきます。それは、例えば配置を変えるといったものです。会社によっては復職者を同じ業務に就かせず、一定の期間は残業さえも禁止するという対応を行なっている場合もあります。このように、本人と会社双方による取り組みが大切なのです。